Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

バターケースを、

新調してみました。


KINTOバターケース


パッケージ


フタオープン


KINTOです。
陶器です。



↑ここお安い!



重たいですよー
ズシンときます。

でも我が家は、
冷蔵庫から振り返ってすぐ食卓があるので!!


余裕です。



 * * *



くりぼは、
バターをこよなく愛しているのです。

バターがたっぷり染み込んだ食パンを食べる朝。
至福のとき。

そんなバターが、
冷蔵庫臭かったらテンション急降下です。


冷蔵庫臭を取るために、
重曹置いたり、
してるんですけどね。

キムチには敵わないですよ。


たまにキムチの蓋が、
ちょっぴり開いてたりするんですよこれが!!

いや、
犯人は私じゃないですよ。

いくら大雑把だからって、
こればっかりは私じゃないんです!!

こういうとこだけは、
キッチリ出来る子なんです!!
(どんなアピール!)


まあ、
キムチだけが原因じゃないんですけどもね。

もっとこまめに庫内掃除をしない
ズボラくりぼの責任です。
はい。

(やっぱり)



 * * *



とにもかくにも。

バターを守るべく、
密閉性のあるバターケースを探していたのです。



これはいいですよー。


アップ

パッキンがついています。
においシャットアウトです。


パッキン

そして、
分解できます。


分解


分解2


パーツ



分解が簡単な分、
ちょっと浮いたりするんですけどね!!笑

浮き

このくらいの浮きなら、
支障なしです!!


ツルンとしていて、
洗うのが簡単です。


200gのバターが、
すっぽり入ります。

バターの箱


バターの箱2



何と言っても、
見栄えがいいです。

って言いながら、
バターを入れた写真を撮り忘れましたよ。


バターが、
とてつもなく美味しそうに見えるのです!!

そして実際、
美味しい!!

バターの風味が守られていますよ。
これぞ私の求めていた密閉性。




ああ。

うれしい!!




あ、
でもほんとにそこそこ重たいので。


蓋を開けてテーブルに置くとき、
とても丁寧な動きになります。


割らないように気をつけよう。
ついでに女性らしい所作を身につけよう。


いや逆に、
男らしくガシッと力強く扱った方がいいのかもしれない。





どっち?!



 * * *



↓野田琺瑯も狙っていたんですけどね。



白い琺瑯に木の蓋。

だなんて。
可愛すぎて悶絶ですよ!!


ただ、
パッキンがついていないことが気になってしまって、
踏み切れずでした。


将来の楽しみにとっておこう。


その頃には、
もう少しマメな人になっておこう。
今よりズボラな人になっていないように気をつけよう。


『~しよう』ばっかり!!笑
課題山積み(。-_-。)



 * * *



ちなみに。



今まで使っていたバターケースは、
こんなやつです。

前のバターケース


私よりもこの家の在住歴長い子です。
結婚前からだんなさんが使っていたものです。

これは密閉性がなかったので、
被害を最小限にとどめるため、
包み紙をちょっとずつ剥がしながら使っていました。

それがとにかく使いにくい。

そして底の突起にバターが引っかかって切りにくい。

そして洗っても洗っても、
なんとなーくバターの油分が残ってスッキリしない。


ズボラな私には、
とても不向きでした。


軽くてバターナイフ入れもついていて、
目盛りもついていて。

これってすごく考えられた、
バターのためのバターケース(←当たり前!)
なのに、

密閉性がないのが本当に惜しい!!


冷蔵庫臭のことはさておき、


風味を!!

風味を守らなければ!! ←しつこい(笑



 * * *



バターと言えば、
ラ・グルメゾンの特選バターがダントツ好きです!!

でもイカリスーパー、
家からちょいと遠いので。

なかなか買いに行けずです。


さらりとしていてコクのある、
なんだかやみつきになるバターですよー。

今度手に入れたら、
画像アップしますね!!(え、いらん?)





バターはやっぱり風味が大事よね!と思われた方も、
どうでもいいよ!と思われた方も。
▼是非クリックを!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

関連記事

スポンサードリンク

くりぼ
Posted byくりぼ

Comments 0

Leave a reply