リッチティータイム。

 04, 2016 00:43
いやあ~。

街には甘い食べ物が溢れかえってますね!


どうしてみんな、あんなに甘い物好きなの???

血糖値、上がっちゃうよ!

お肌、黄ぐすみしちゃうよ!

血管、ボロボロなっちゃうよ!




なーんて、


はらドーナッツ


お前が言うなって話(*ノェノ)




一度ハマったらもう最後。

抜け出せないシュガーホリック。

両脚ズブズブです。

抜け出すまでしばらくかかりそうです。


 +


毎日すっかり習慣になってしまったおやつタイムのお供は、だいたい紅茶。
(ときたまカフェオレ)


さんざんこのブログで自分のモノグサっぷりを自慢してきたくりぼですが。


ひとりおやつタイム、


自分のためだけの一杯の紅茶を淹れるためにティーポットを使う。


実は苦じゃなかったりします。

むしろ使いたい。ティーポットで淹れたい。

茶葉をすくうのにはちゃんとティースプーンを使っちゃって。

ポットもカップもわざわざお湯で温めちゃったりなんかして。

のんびり優雅に愉しむ紅茶。


ああ、至福。



ただし。


時間と心の余裕があるとき限定です。


もちろんです。当たり前です。

朝なんて、
いつもそこらへんに転がっているティーバッグをカップに放り込んで、
お湯注いで蒸らしている間になんやかんや身支度して。

昼間だって、
なんやかんや用事をこなし終えるころにはくったくたで心の余裕なし。
心に余裕のあるときはブログの写真とか撮っちゃって時間の余裕がなくなるし。
さーさっさと座っておやつにしよう。
とりあえず座ろう。無になろう。

香りなんてひとつもしない、薄いか、渋いか、
そのどっちかにしか転んでくれない安紅茶をとりあえず流し込む。
それが現実。

たいして美味しくなかろうがとりあえず紅茶。

とにかく紅茶を飲みたい。

ある意味紅茶中毒者。

(グルテン中毒に砂糖中毒に紅茶中毒に忙しいったらありゃしない。)

飲めたらいい。

もう紅茶っぽい飲み物が飲めたらそれでいいよ。




って、

思っていたんです。

けどね。



ある日突然目が覚めました。


たとえ余裕のない朝だって、

ちょっと疲れ気味のお昼だって、



どうせ飲むなら美味しい紅茶を飲みたいーーーー!!!!!




てなわけで。


ついに禁断の技を解放しました、YO!


紅茶パック


かの有名(?)な、


一杯分の茶葉をお茶パックに入れて、洗い物も手間も最小限にしちゃいましょう技。


美味しい紅茶って、
ポットのなかでしっかり泳がせて開かせてナンボ。

というイメージが強すぎて、ずっと避け続けてきた技です。

なにツウぶってんの?バカなの?

って言ってあげよう過去の自分に。

余裕のあるサイズのお茶パックに、きっかり3グラム。
カップに蓋をしてしっかり蒸らせばバッチリです。



一度に数回分をパックに入れて、シンクとコンロの間の引き出しに。

残りの茶葉は紅茶缶に入れて冷凍庫保存です。

紅茶の収納

引き出しから1パック取り出しカップに放り込み、
お湯を注いでしばし身支度や家事にいそしむ。

楽勝です。いつだって優雅な香りを楽しめます。





ちなみに。



カップに蓋、
のイメージ図は、こちら↓↓

カップ蓋
(この写真の記事は⇒こちら★)


優雅さには程遠いビジュアル(*´_ゝ`)


 +

 +

今日もお付き合いありがとうございました!!!

▼下のバナーをひと押し応援よろしくお願いします!!!
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
関連記事

スポンサードリンク

WHAT'S NEW?