スポンサーサイト

くりぼ

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted byくりぼ

天然素材にしか見えない!スタックストーのオシャレなプラスチック製カゴ、Timb.(ティム)。

くりぼ

こんにちは。

11月に突入した。
という現実を受け入れられずにいます。
くりぼです。

ああ。

今年も焦るだけ焦って何もしないまま年を越すパターンだ(=_=)


 * * *


りんごカゴ

新しくカゴを買いました!


見た目にひと目惚れし、
その素材に驚愕し、
お値段には目を瞑りつつ。

スタックストーティムスクエアM

スタックストーのTimb.(ティム)


オーバルSと、
スタックストーティムオーバルS

スクエアMを、ひとつずつ。
スタックストーティムスクエアM


スタックストーからこんなナチュラルな雰囲気のかごが出ていたなんて知りませんでした。

スタックストーと言えば、
バケットや、


ペリカン、

を作っているメーカー。

カラフルでポップな商品を作っているイメージだったので、
すごく意外でした。

でも、素材を知ってちょっと納得!


実は、天然素材“風”


この、天然素材にしか見えないかご。

実は合成樹脂製、
つまりはプラスチック製なんです。
(メーカーサイトによると、独自開発された新素材、テンネスクというものらしいです)



嘘でしょ?!!!



って疑いたくなるほど、
色味もディテールも手触りも、
驚くほど天然素材風。

でも、
水をかけてみれば、
スタックストーティムオーバルS

弾く弾く!
スタックストーティムオーバルS

(注!:ふたつ上の画像、水を流している最中なので水が溜まっているように見えていますが、仕様上、穴が開いているので水は溜められません(>_<))


水滴は天然素材のように染み込むことなく、
拭き取ればすぐに乾きました。

見た目は一般的なプラスチックかごのような無機質さはなく、
あたたかみのあるナチュラルな風合い。

気兼ねなく洗えるので清潔を保てるし、
ささくれを気にせず使えるし、

かなりしっかりした作りなのに、軽い。

まさに、
天然素材とプラスチックのいいとこ取り!!

スタックストーティムオーバルS

裏側の刻印がかっこよすぎて好きすぎてツボすぎて惚れ惚れなんですが、
絶対に隠れてしまう場所だけに、切ない…(*´з`)


形とサイズ展開


しかく


今回私が買ったのは、スクエアM

スタックストーティムスクエアM

スタックストーティムスクエアM

天然素材のように全体的に丸みを帯びつつも、角はしっかり。

スクエアという名前ですが、真四角ではなく少しだけ長方形です。
スタックストーティムスクエアM

そして実はスクエアタイプはワンサイズ。

その代わりといってはなんですが、

レクタングルと、レクタングルがあります。


このふたつの中間サイズにあたるのが今回私が買った、スクエア


追記:
先日スタックストーのサイトを覗いたら、
ラインナップにレクタングルのMサイズが増えていました!
(以前私が見落としていただけだったらごめんなさい(>_<))

(※画像リンク先は楽天市場のショップです。)


まる


今回私が買ったのは、オーバルS

パンカゴ

上側は楕円、
底面は長方形。

という少し変わった形をしています。

スタックストーティムオーバルS

スタックストーティムオーバルS

サイズ展開は


上側が円形(ラウンド)のタイプもあって、というサイズがあるようです。


追記:
ベリービッグという形(持ち手付き!)も発売されたようです!





ちょっとばかりセールスウーマンみたいになっちゃいましたね!

スクエアに関しては、
揺るぎない使い道が決まっていて、
すでにその使い道で大活躍中です。


ただ、オーバルの方が。

一応使い道を決めて買ったものの、

りんご入れても可愛いし、
りんごカゴ

パンを入れても収まり良いし、
パンカゴ

ゆらゆら揺らいでいます。


ハロウィン近いし、かぼちゃも撮っとくよ!
スタックストーティムオーバルS

って、入れてみたけど、
すでに、いつの話?状態ですね!



嗚呼、

11月...。






次回はティムの使い道について語る気マンマン。

今日もお付き合いありがとうございました(^^♪
▼下のバナーをポチっとクリック応援していただけると嬉しいです!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
関連記事

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。